Helvar DALIシステムとは 

英国製Helvar調光システムは『DALI(Digital Addressable Lighting Interface)』

に準拠した照明制御システムで、メーカー独自の制御方法に頼らない汎用性と拡張性が注目されています

 

 

 

 

国際規格 

  IEC 62386

 

DALI は Digital Addressable Lighting Interface の略で、元は主に蛍光灯器具の調光制御を行うことを目的として、異なるメーカの製品間でも通信できるように1990年に作られたIEC国際標準規格です。


現在は IEC 規格 62386 で規定されています。
主にヨーロッパの企業が規格に携わった関係でDALI に対応した器具の普及はヨーロッパが先行していますが、現在はアメリカやアジアでも普及が進んでいます。

個別制御

DALIはDegital Addressable Lighting Interface とあるように、ひとつひとつの照明にアドレスをもたせる事ができます。

従来は回路ごとにしか調光できませんでしたが、DALIでひとつひとつの器具を調光できる事により、後に家具の配置や改装をした時にも、配線工事の必要がなく、プログラミングひとつでグループ分け、シーン作成、調光率を変更する事が可能です。

 

 

エネルギー監視

照明コントロール&電力モニタリングシステム:uSee

 

uSeeはプログラムソフト(デザイナー)の知識が必要なく、お客様が容易に照明システム管理を行う事ができ、リアルタイムの電力使用量を直感的に確認することができます。
(※リアルタイムの電力使用量だけでなく、過去電力量の閲覧、現在との比較も可能です)

 

uSeeシステムは、iPadやAndroidスマートフォンなどの幅広いインターフェイスと互換性があり、お手持ちのWeb 端末から照明制御システムにアクセスすることができます。

 

このシステムは、uSee 専用WiFiの環境下であれば、建物のどこからでも操作可能で、商業施設、学校、病院、ホテル、オフィスやアリーナなど様々な環境でご活用いただけます。

双方向通信

DALI通信可能なデバイス=DALIデバイスは、DALIケーブルに沿ってお互いにメッセージを送ることができます。これが双方向通信です。

 

双方向通信によって、中央監視から照明の点灯状態、動作確認、消費電力の計測等が可能になり、単方向通信と比べ、システムの安全性、確実性が高く、照明で出来る事の幅が格段に広がります。

シンプルシステム

DALIの規格で、64アドレスまでなら、PSUというDALI供給電源ユニットと、DALIスイッチで、デフォルト値で照明が作動します。

スイッチと照明器具1灯1灯にアドレスが振られ、それぞれがシーンを記憶するので調光盤が不要になります。

今までの大型の調光盤が不要なDALIシステムは、既に日本でも始まっています。